【たった5記事】ブログ初心者がGoogleアドセンス審査に一発合格した方法【開設3週間】

脱サラ
スポンサーリンク

梅雨ですね。もっちです。書くッキャナイ(゚∀゚)

なんと、初心者もっちが運営している当ブログですが、Googleアドセンスに一発合格してしまいました(゚∀゚)めっちゃうれしい!しかも、たった5記事での合格です。いやー申請してみるもんですね。

ちまたではアドセンス合格には最低20記事とか、審査が厳しくなったなど言われています。申請を躊躇している方も多いのではないでしょうか。

というわけで、初心者ブロガーが最低限の対策でアドセンス一発合格を果たした方法を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

Googleアドセンス審査に通りやすいのは「ジャンルに特化したブログ」

Googleアドセンス審査に通りやすいブログは1つのジャンルに特化したブログと言われています。

日常での出来事が書かれた雑記ブログよりも、ひとつの事に焦点を合わせたブログの方がGoogleに「広告を掲載したい」と思わせることができるためと言われています。

マニュアル通りにいくなら前記のとおりなのですが、私は特に1つのジャンルに特化しようとは思っていなかったので、とりあえずダイエット経験を活かしてその方法を何個か記事にしました。

それ以外にも、今後書こうと思っている家事代行の記事の書きかけのものなどもあったり、サイト設計としては結構グダグダです笑

Googleアドセンス審査に通りにくいのは「規約に違反しているブログ」

審査に落ちたという方のNG事例

【なぜ落ちたのかを推察】

  1. 推測1:アフィリエイトリンクが多く張られている
    →他の企業の広告がすでに張られていたら、Google審査が通らない可能性が高いそうです。
    私も対策としてアフィリエイトリンクをとりあえず全部削除しました。

  2. 推測2:著作権に抵触する画像の使用
    →ネットで見つけた画像は、基本的には著作権があります。
     フリー素材を使うのが吉です。

  3. 推測3:「こんにちは、〇□です」といったあいさつ文が挿入されている。
    →全ての記事に同じ文が挿入されているとコピペだと判断されます。
     最初のうちはあいさつのパターンを変えました。
        
  4. 推測4:サイトマップが無い
    →サイトマップが設定されてないと、ブログ内にどういった記事があるのか判断できません。ネットで調べてサイトマップを設定しました。

これだけはやっとけ!通過するための対策

Googleアドセンス審査に落ちた原因1:記事が足りない

記事数が20記事未満だと落ちやすいといわれていました。

ただし、私はたったの5記事で通過していますので、記事数はさほど問題ではないのではと思います。

ただし、Googleが評価するのは、継続してブログ運営が出来るかどうか。ということなので、記事は多い方が好ましいとは思います。

Googleアドセンス審査に落ちた原因2:文字数が足りない 

ユーザにとって価値のある文章を1000文字以上を目安に書いてみましょう。


文字数が少ない=情報が少ない場合はGoogleアドセンスの審査に受かりにくいそうです。

私も文字数は1000文字を超えるよう意識して記事を書きました。(中には800文字程度のものもありましたが・・・)

Googleアドセンス審査に落ちた原因3:記事内に企業名が入ってる

記事内に企業名が入っている場合はなるべく消しておきましょう。


なぜなら、googleアドセンスの審査において企業名の有無で通過の可否が変わると言われています。


広告を掲載する側にとって企業名が入っていることは、記事内にアドセンス広告のクリック率を下げてしまう要因になります。


記事を書くときは、特定の企業名は入れないことを注意しましょう。

Googleアドセンス審査に落ちた原因4:コピペコンテンツがある

コピペコンテンツはアドセンス審査に通りません。


なぜなら、ブログ内にコピペされたコンテンツがあると、オリジナル要素が低いと判断されアドセンス審査に落ちる要因になるからです。


Wikipediaや、その他サイトから文章を引用する際は、きちんと引用タグを使いましょう。また、ブログ内に重複した記事があるのもNGです。オリジナルの表現を心がけてください。


Googleアドセンス審査に落ちた原因5:アフィリエイトリンクを貼っている

A8.netを始めとした、アフィリエイトリンクが貼ってあるとgoogleアドセンスの審査に落ちる原因となります。


理由は、企業名が記事に入っている場合と同様、他の広告があるとアドセンス広告のクリック率を下げてしまうからです。


実際に、アフィリエイトリンクを消した上で再度審査にかけたら合格したという声を聞いています。


私もここは注意しました。開設当初は貼っていたアフィリエイトリンクをすべて削除しました。幸い、記事数が少なかったので大した作業ではなかったのですが、なんだか残念な気持ちになりました笑

Googleアドセンス審査に落ちた原因6:衝撃的なコンテンツはないか

暴力的な表現や画像があるとgoogleアドセンスの審査に不適切です。


googelの規則にあるように、ユーザーが不安や嫌悪を感じる表現や画像が禁止されています。


ケガの写真などグロテスクなものや、過度な性的表現などが記事に入っている場合は削除しましょう。

Googleアドセンス審査に落ちた原因7:著作権侵害に引っかかりそうな画像あり

インターネットで見つけた画像をそのまま使用している場合は注意が必要です。

無許可で著作権のある画像の使用するのは著作権侵害に当たるので厳禁です。
画像を使用する際は、フリー素材やオリジナルの画像を使用しましょう。

Googleアドセンス審査に落ちた原因8:運営者情報がない

運営者情報が記載されていないブログはアドセンス審査に落ちやすいです。


なぜなら、運営者情報はブログの信頼性に繋がるからです。最近Googleは非常にEATを重視しているので、必ず運営者情報は載せましょう。


本名・職業・経歴など、あなたがどんな人物なのかが分かる情報が必須ですね。

ただし、当ブログはそのいずれも掲載していません。必ずしも本名などは入れる必要はないと思います。

Googleアドセンス審査に落ちた原因9:お問い合わせフォームがない

アドセンス審査においてお問い合わせフォームは重要です。


こちらも運営者情報と同様、ブログの信頼性に左右される項目なのです。


設置されていない場合は、固定ページを作成して準備をしましょう。


Contact Form 7」というプラグインを使用すると、簡単に問い合わせフォームを作れるということでしたので、私もこちらを使用しました。

Googleアドセンス審査に落ちた原因10:プライバシーポリシーがない

プライバシーポリシーがなくても審査に受かった事例はありますが、プライバシーポリシーは設置しておいて損はありません。
本来プライバシーポリシーは、アドセンス広告を設置するときに必要な情報なので、どうせなら審査前に作っておきましょう。


プライバシーポリシーには、自身のブログや他サイトへのアクセスに関する内容やアフィリエイトプログラムの利用といった文面を記載します。


Googleアナリティクスでのアクセス解析や、コメントの際のIPアドレスに関する対処なども記します。


プライバシーポリシーの書き方が分からない方は、当ブログのプライバシーポリシーを引用してOKです。

初心者でもアドセンス通過は簡単です!

いかがでしたでしょうか。私は申請から9日で合格通知がきました!

参考にしていただければ幸いです。

人気ブログランキング

脱サラ
スポンサーリンク
もっちをフォローする
Stairway to heaven~人生を変える~

コメント

タイトルとURLをコピーしました